HOME >> 審査に通らないときの対策 >> 借入れ・借金があって審査に通らない

現在、借入があって審査に通らなかった…

自動車ローン審査に通らなかった方の中には、借り入れや借金などがある状態で申込をする方も多くいますが、借入や借金がある状態で自動車ローン審査に申込みをしても審査に通らないことはよく聞きますよね。

クレジットやキャッシングでローンを組んでいるけど、
『支払いは全く遅れていないし、金額もさほど大きくないのになぜ?!』
と、疑問に感じますよね。

自分ではさほど大きな金額に感じていない借入やローンであっても、審査する金融機関にとって
「現在の年収で自動車ローンを組んで、返済できるのか?」という部分が、
審査の重要なポイントとなります。

自分では少ない金額に感じていても、自動車ローンとの借入で更に金額が大きくなりますし、支払いが遅れていない状態でも、件数や残高が多いと審査に影響してきます。

また、過去に支払い事故や遅延があった場合や、過去7年に自己破産・債務整理などを行った方は当然ですが審査は通りません。
その場合には自分の信用情報を確認してみて下さい。

他の金融機関で借り入れをしている場合、返済能力があると保証会社が判断すれば自動車ローンの審査も通りますが、返済能力を超えてしまう借り入れをしようとすると
当然ですが審査に通ることがありません。

車購入を諦めるのは、まだ早い!!

では、どうすればいいのかと言うと…。

1: 借入・借金などの額を減らす
現在の借入れ・キャッシングなどのローン状況を見直し、どのように支払をしたら審査に通るかを考える必要があります。借入の残高が少ない場合には、返済遅延などがない状態で完済後、自動車ローンに申込をすれば審査に通る可能性はあります。
ただ、返済遅延をしてしまっていると、完済後でも自動車ローン審査に通らない可能性は高いです…。
2: 総量規制対象外の銀行フリーローンを利用する
既に200万円前後の借入れがある場合には難しいかもしれませんが、ローン残高が少なければ少ないだけ、銀行フリーローンを利用できる可能性はあります。
銀行フリーローンを上手に利用することができれば、ディーラー・販売店系のローンより低金利で利用することもできますし、 資金自由なので、同時に車以外のことにも利用できます。
もし、銀行フリーローンの審査に通過し、借入可能な状態になったら、現在の借金をひとつにまとめることも可能です。
▲ ページの先頭へ