HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 残価設定ローンとは?

車の支払が安くなる?!

マイカーローンでも総額の借入を少なくする方法の一つに、残価設定ローンという新しいローン方法があります。

対象となる車は、電気自動車・ハイブリッドカーなど限定した車種になりますが、購入してから一般的に3年後に下取りに出すことを想定してローンを組むため、車体価格を担保抵当にして金融機関から借入金額を少なくする方法です。

電気自動車やハイブリッドカーは、通常の普通乗用車などに比べて高額であるため、ローンでも購入しやすいように新たに登場した形式です。

従来のマイカーローンとは違い、自動車購入のための資金を全額借り受けるのではなく、3年後に車体価格を下取りに出すことを前提とした貸付なので、半額程度の借入価格で済みます。
借入金額が減ることで、金利の負担も減るというメリットを得ることができます。

残価設定ローン利用の注意点

大きなメリットを得られる反面、残価設定ローンにはデメリットも存在します。

残価設定ローンで車を購入して3年以上乗り続ける場合には、残りの本体価格を一括で支払うか、ローンを組みなおすことが必要になります。

また、債務が残っている段階で車体に大きな傷をつけてしまって車体自体の資産価値を減らす、事故を起こしてしい廃車にしてしまうなどがあった場合、車体自体が損害賠償請求の対象になることがあるので注意が必要です。

また、車種が限定されているため、自分の希望する車が適用になっていない場合も考えられるので、現在は主力なローン形式とはいえません。ですが、希望する車種と合致した場合にはデメリットも考慮した上で検討してみることをおすすめします。

▲ ページの先頭へ