HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 銀行自動車ローン

銀行自動車ローン:申込み〜融資までの流れ

銀行で自動車ローンを組む場合の手順や、申込から融資までの流れ、必要な本人確認書類など、手続きをスムーズに行えるよう流れを知っておきましょう。

銀行自動車ローンの申込ステップ
購入したい車を決定後、銀行自動車ローンに申込み

購入したい車を決定したら、実際に自動車ローンを申込みます。

銀行自動車ローン申込みはインターネットでも、直接窓口で申込みをすることも可能です。

銀行自動車ローン申込の際に必要な書類は下記になります。
ローン申込書|見積書(資金使途の確認ができる書類)|本人確認書類|年収確認書類
※銀行によっては、口座が必要になる場合があります。

銀行自動車ローンの審査(銀行&保証会社)

銀行自動車ローンの申込を行ったら、次は銀行の審査になります。

銀行自動車ローンの審査では主に、下記について審査を行っていると言われてます。
現在の借入総額|返済の割合|勤続年数|勤務先|居住年数|税込みの年収

銀行自動車ローン審査に通ると、次は利用する保証会社の審査となり、保証会社の審査では信用情報や過去の返済遅延事故や多重債務についてのチェックが行われます。

申込み時に、借入れの状況を表記していなかったとしても、保証会社の審査時点で借入れについて調査することができます。

申込み後、1週間前後で審査結果の連絡

審査申込から約1週間前後で、自動車ローンの審査結果が届きます。
※ 審査結果はの連絡は、申込した銀行によって方法が異なる

銀行の審査&保証会社の審査、両方に通れば自動車ローンを組む事が可能になります。

契約手続き

自動車ローンの審査に通過し、ローンを組めることが決定したら契約手続きです。

契約手続きは銀行によって異なりますが、インターネットで事前申し込み&審査に通過していれば、ローン契約機を利用しての契約も可能ですし、不安や疑問のある方は窓口での契約手続きも可能です。

契約手続きの際に必要になる書類は、本人確認書類・自動車ローン申込をした銀行のキャッシュカード
※ 口座開設していない状態でも申込み可能ですが、契約の際には口座開設が必要となります。

借入れ・借入れ後

全ての手続きが完了したら、実際の借入れです。

契約時に指定した口座に入金となり、その際、印紙代などが自動引き落としになります。

入金を確認したら、自分で車の購入先への支払い手続きを行い、支払い手続き完了後に支払い済が確認できる書類を銀行側に提出します。

提出方法
1、ローン契約機、若しくは店頭に持っていく | 2、FAXか郵送にて銀行側に送付

以上が銀行自動車ローンの申込〜融資までの流れになります。

銀行自動車ローン契約は他の契約と比べると自分で行う事が多く、審査にはそれなりの時間がかかるため、事前に書類などの準備をしておかないと契約までに時間がかかってしまうことが考えられます。

なので、自動車ローン審査申込前に、必要書類・審査基準などを知ることでよりスムーズに審査を行うことができます。

▲ ページの先頭へ