HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 借り換えを検討中

借り換えで負担が減る場合も

住宅ローンでは、借り換えは低金利時代になっているため、借換えをした・する。という話はよく聞きます。

住宅ローンと同じく、自動車ローンでも借換えすることが可能です。
よく聞く話ではありませんが、実際に自動車ローンの借換えを希望している人、実際に借換えを行った人は多くいます。

自動車ローンは、月々の返済に無理のない範囲で借入を行い、金額にも無理のない範囲なので、改めて金額や金利を見直す人が少ないのであまり知られていないかもしれません。

マイカーローンの借り換えは、住宅ローンに比べて件数自体は多くありませんが、
銀行などの金融機関では十分に取り扱ってくれる案件です。

位置づけとしては新車の購入時の、残債が残っている状況に似ていますが、
債務が増えるわけではないため、借り手に一方的に有利になる条件であれば可能です。

どうすれば借換えができる?

信販系・販売店系の自動車ローンで自動車を購入したけど、金利が高く月々の支払が困難になってきた…。など、金利面を考えてマイカーローンの借り換えをしたい、など正確な理由があれば金融機関で審査の対象としてくれます。

借換えをするためには、最初の審査をしてから書類等の手続きが必要になるため、
労力が必要になることや契約時の印紙代や事務手数料が発生する事になります。

借換えをする段階で、高額な借り入れの残債が残っていて、さらに借換えを希望する金融機関の方が明らに低金利だった場合、総合的に支払う金額のことを考えるなら、多少の手間はありますが借換えをするべきと言えます。

高級車を購入したが離職や転職で支払い状況が厳しくなったなどの理由であれば、ローンの借り換えの対象となることがあるので、遅延や延滞になる前に事前に相談してみるようにすると良いでしょう。

▲ ページの先頭へ