HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 頭金の準備

最低限の頭金を用意しておく

自動車ローンは頭金の用意がなくても組む事はできますが、金融機関によっては、頭金が少ないことが原因で審査に通らない場合もあります。

頭金なしの状態で申込みした場合、車購入価格全額を自動車ローンで支払うことになり、月々の支払額が多くなりますし支払い回数も多くなってしまい、利息が高くついてしまうことも考えられます。

今後、維持費を含めて、これだけの金額を返済する能力があるのか?という部分も審査対象になるので、そのことを考えると頭金を少しでも多く用意し、ローン金額・月の支払い・支払い期間が短い方がより審査に通る可能性は高くなります。

そして自動車ローンを組む場合には、車体価格だけでなく、税金や保険などの初期費用が別途必要です。

頭金なしの状態で、車購入に必要な初期費用をローンに組み込んだ場合、車体本体価格に諸費用がプラスされるので、その分借入れ金額が大きくなります。

その初期費用を含んだローンを組む事で借入れ金額が大きくなり金利や手数料の負担が増えてしまうのです。

そのことを考えると、自動車ローンとは別に頭金を用意し必要な初期費用を現金で支払うと、総支払額の負担も大きすぎず自動車ローンを組む事ができます。

頭金の用意がないと必ず審査に落ちてしまう。というわけではありませんが、自動車ローンを申し込む金融機関によっては、頭金をどれだけ用意しているかにより審査結果や金利が違ってきますので、頭金は考えている以上に重要です。

頭金の用意ができない、頭金を用意しても審査に通らない

頭金なしで自動車ローン審査に通らなかった方や、頭金を用意しても希望する融資額を受けることができない場合には、銀行のフリーローン・カードローンを利用するのも一つの方法です。

銀行フリーローンを利用して車購入をする場合には、頭金の有無は審査に関係なく、頭金がないことも少ないことも気にせずに融資を受けることが可能です。

また、一度自動車ローン審査に通らなかった方でも、自動車ローンと銀行フリーローンの審査基準は異なるため、審査に通過できる可能性は高くなります

ですが、過去に支払いの遅延があった方、現在の借入れ金額が多すぎる方、債務整理・自己破産などをした方など、その他問題がある方の場合には、審査に通る可能性は低くなります

過去の支払い遅延などを覚えていなくて、信用情報が気になる方は申込み前に自分の信用状況を確認したほうが無難と言えます。

状況がわからず申込みをして審査に落ちてしまうと、審査に落ちた履歴も残りますし、借入れを完済していない状態でさらにローンを重ねようとしている人。という解釈にもなり得ますので、注意が必要です。

当サイト一押しカードローン
▲ ページの先頭へ