HOME >> 自動車ローン審査に通るか不安  >> 保証人がいない場合は自動車ローンは組めない?

保証人を求められたがお願いできる人がいない

ローンを組む際に保証人をつけるよう求められた、けど保証人がお願いできる人がいない…。というのは珍しくありません。

保証人になってもらう人にもある程度の信用が必要ですし、自動車ローンと言えども借金。家族以外にはなかなか頼みづらいものです。

なぜ保証人を求められる?

申込者の信用情報を調査し、返済能力に若干問題があるという場合に保証人を求めらます。具体的には下記のパターンです。

・収入が低い
・申込者が未成年
・キャッシングなどを利用している
・住宅ローンの返済がある
・雇用形態がアルバイトなど
・勤続年数が短い

上記を解決できれば保証人が必要なくなる場合もありますが、基本的には難しいものばかりです。

保証人を立てられないと自動車ローンは組めない?

保証人を求められた場合でも自動車を購入することはできます。"ローンを組む"のではなく"自動車を購入"する方法です。それはカードローンを利用することです。

カードローンは担保も保証人も必要ありません。申込者本人の信用情報だけで審査が行われます。

使用用途も自由なので自動車の購入にも問題なく利用することが出来ます。限度額の範囲内であれば自由に使えるので、車両本体以外にもパーツ代や車検代、教習所の費用にも利用することができます。

自動車購入のカードローンの選び方

カードローンを選ぶ際、適当に選ぶにはNGです。購入する車の金額などで、選ぶべきカードローンは変わります。ポイントとなるのは"年収""他社の借入額"、そして"購入する車の金額"です。

なぜこの3つかというと総量規制という借入れの法律が影響します。総量規制は年収の1/3までしか借入れができない制度のことです。年収が300万円であれば100万までしか借りられないのです。

では200万円の車を購入したい場合は年収が600万円以上必要なのか?基本的にはそうですが、実は総量規制の対象外のカードローンがあります。それは銀行が発行しているカードローンです。

例えば消費者金融系カードローンのアコム・アイフルなどは総量規制の対象になります。年収の1/3までしか借りることができません。ですので購入したい車の金額は年収の1/3以下に収めないといけません。

消費者金融系に対して銀行系カードローンは銀行が発行しているカードローンなので、総量規制の対象外になります。年収の1/3以上の車でも利用可能です。

他社の借入額に注意

すでに他のキャッシングやカードローンを利用している場合は注意が必要です。総量規制は年収の1/3までしか"合計"で借りられない制度です。すでに他社で借りている場合は年収の1/3からその借入金額を差し引いた、残りの金額が新たに借入れ可能な金額になります。

この他社の借入額にはクレジットカードのショッピング利用、住宅ローンは含まれません。

自動車購入にオススメのカードローン

楽天スーパーポイントがもらえる! ⇒ 楽天銀行カードローン

なぜ自動車購入にオススメなの?

楽天銀行カードローンも低金利・高限度額と自動車の購入にぴったしの銀行系カードローンです。
入会するだけで1,000ポイントをプレゼント!

楽天銀行
実質年率(金利) 利用限度額 審査日数 特徴
1.9%〜14.5%
※金利は利用限度額に応じて変動
最大限度額 800万円
(10万円単位で選択)
最短即日 入会だけで1,000ポイントをプレゼント!
ネットだけでなく全国のATMで利用可能♪

※1:300万円以下の場合でも、個人事業主・法人代表者の型は収入証明書が必要となります。
※2:原則、毎月安定した定期収入のある方に限る。 詳しくは公式ホームページを確認してください。

楽天銀行カードローンの詳細はこちら

自動車ローン審査に通るか不安

▲ ページの先頭へ