HOME >> 自動車ローン審査に通るか不安  >> 返済していけるか不安

ローンを組んだ後の費用は

金融機関から新車のマイカーローンなどの借り入れをした場合、長期的な返済の問題が残ることがあります。

最終的に返済が可能であるか判断することは、生活費や自動車購入後にどの程度の費用が発生するのかを事前に計算して、返済が可能であるかを判断することになります。

金融機関に対して、借入金の遅延、延滞、焦げ付きなどは事故情報として、今後さらに借り入れをするときに不利益を被ることになるので、出来るだけそのような状況にならないように事前に準備をすることが必要です。

車を購入するとローンの支払いの他、車検代、駐車料金、保険料、ガソリン代などが発生することになります。その総額と、ローンの残債を支払うことになるので、どの程度の維持費と負担金額が必要になるのかを考慮して、返済計画を見直すようにします。

車購入後・借入れの注意点

注意すべきこととして、借り入れ後に返済が滞ってもよい。と考えている場合、
購入した自動車を下取りに出すようなことになりかねないので、注意してください。

返済が滞ったり一定期間の滞納があると、保証人などをローンに付けている場合、保証人にも連絡が行くことになり大変な迷惑をかけることになります。

返済は、月々どの程度の生活に対する負担があるのかを考え、どの程度までであればやりくり出来るかを考えておくと良いでしょう。

マイカーローンは総量規制の対象外ですが、ローンの支払いで生活費が苦しくなり、クレジットカードや消費者金融系のキャッシングでさらに借り入れを増やすことなると、最終的に借金の総額が増えることになるので、無理な借り入れは出来るだけ控えるようにしてくださいね。

自動車ローン審査に通るか不安

▲ ページの先頭へ