HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 車購入時の値引き術

車購入費を値引きするには?

最近、車購入の際の値引き金額は非常に少なくなっており、販売店によっては値引き0円の場合もあります。

新しく車を購入する場合、現在乗っている車があれば車を下取りに出すことで車体価格の割引と下取価格を引いて値引きしてくれる場合があります。

最初に提示された価格より、いくらかは本体価格が下がると思いますが、、、

車の本体を値引きしたのではなく、下取り価格を調整しているだけなのです!!

販売店は値引き交渉されることに備え、いま乗っている車の適正価格より低い下取り価格を提示しているのです。下取りに出そうとしている車の適正価格を知らないままに、販売店の下取り価格でお願いしてしまうと、お得な車購入をすることができません。

では、どうすればお得に車購入できるの?!

値引き交渉をうまく進めるコツ・いま乗っている車を適正価格で下取りしてもらうために
必要なことは2つです。

1、現在乗っている車の査定書
下取りに出そうとしている車の適正価格・買取相場を知る必要があり、自分の車をできるだけ高く評価してくれるところを選ぶ必要があります。販売店での下取り価格と、他業者での買取価格を比べた時、10万円以上の差が出た!というケースはよくあることなのです。

2、新車購入費の見積り(【下取りあり】と【下取りなし】の2種類)
オンラインの見積りでもいいですし、実際にいくつかの販売店で見積もりを出してもらうのもいいと思います。2種類の見積りを取る理由は、正確な本体価格の値引きを誤魔化されないためです。

【下取りあり】の見積もりだけにしてしまうと値引き額が曖昧になってしまい、
適正下取り価格が40万円だとしても、マージンとして10万円を取り30万円と表示される場合もあります。このマージンを購入を検討している車両の本体価格から値引きする形を取り、10万円の値引きをします!!となってしまうのです。

いま乗っている車の適正価格を事前に知っていれば、下取りに出した方が得をするのか?
別の業者に売却をした方が得なのか?がわかります。

【下取りあり】の見積りに書かれている下取り価格と、事前に用意した他業者の買取価格を比べてみると、断然、買取価格の方が高い事が多いのです。

他業者での買取価格の方が有利だとわかったら、いま乗っている車を売却し、見積りを取った販売店で車の本体価格の値引き交渉をすることが、一番お得に車を購入できる方法です。

いま乗っている車の適正価格を知りたいなら、一社ではなく複数業者からの見積りが必須です。
複数業者に一括見積りを行うことで、複数の業者が競争しながら買取価格を出してくれるので、買取価格も高く必ず売却しなければいけないということもないので安心です。

複数社での競争入札で、愛車を高額査定

車の本体を値引きしたのではなく、下取り価格を調整しているだけなのです!!

 最大8社(ラビット・カーセブン・カーチス・アップル)へ見積り依頼

カービュー

日本最大級の中古車買取り・査定ネットワークを持つカービュー。

簡単な入力を行うだけで愛車の適正価格がわかるうえ、複数社のうち、一番高く買い取ってくれる業者を選択できる♪

TVでお馴染みのカーセブンやラビットなど、大手の中古車買取業者から、小さい業者までオークション形式で競争入札をするから、一目で最高価格がわかります。

車検証と自賠責保険証明書を用意しておけば、たった3分で入力完了。後は査定結果を待つだけです!

▲ ページの先頭へ