HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 乗換え(ローンが終了している人)

車の乗り換えをする時は

乗り換えを検討していて、過去の新車や中古車を購入したときのローンが終了している場合、現在の車を下取りに出すかどうか?ということをまず決めることになります。

購入を切り替えるケースとして多いのは、まず子供が生まれ自動車に乗せるようになった・ファミリーカーに切り替える・仕事や用途に合わせて車を買い替えるなどの、状況の変化に応じて自動車を選ぶことが一般的です。

自動車ローンが既に終了している人の場合、過去に利用した同じ金融機関から借り入れを希望すると、遅延や滞納が無く一度目と同じ債務の状況であれば、金融機関での信頼実績があるため比較的容易に借り入れを行うことは可能です。

また、カーディーラーに直接、乗り換えを検討している場合、
ディーラーによっては現在の自動車の下取り状況などに相談に乗ってくれます。

すでにローンが終了している状態で乗り換えを希望するのであれば、基本的には新規で購入する場合とまったく変わらない条件になっています。

新車をカーディーラーから購入した実績がある場合には、各種サービスで便宜を図ってくれることもあるので事前に相談してみると良いでしょう。

また、事前に乗り換えのタイミングなどが分かっているのであれば、金融機関などにローンの相談やカーディーラーに新車及び中古車の購入や車種の相談などをしておくと、手続きがスムーズに進み便利ですよ。

▲ ページの先頭へ