HOME >> 自動車ローンの基礎知識 >> 未成年の車購入

未成年者が車を購入する場合

未成年者の場合、基本的に自動車を購入するときは、親の同意が必要になります。
このときに、購入の資金的な問題も含め、各種書類などの段取りも必要になります。

現在は、親が子供のために自動車の購入を援助することも、自動車自体の価格がそれほど高くないために、決して難しいことではなくなりました。
※ 未成年が一人で購入することはなかなか難しいです。

未成年者がローンを組むときは、親が保証人になるか、親の名義で自動車を購入することが多くなっています。その場合、金融機関は子供ではなく、親の信用状況を調査することになります。

未成年者が一人でローンを組む場合

未成年者が車を購入する場合、高校卒業から働いていたとしても社会的な信用がまだ不十分であるため、すぐに自動車を購入することは難しいといえます。

そのため、未成年者にとっては親など保護者の同意をもらうことが自動車の購入のためには、必要なステップとなります。

未成年者の申し込みを受け付けている自動車ローンもありますので、決して無理なことではありません。ですが、大きい金額の借入れは難しいのです。
なので、予め頭金を多めに用意することで、借入れの限度額が低い場合でも自動車ローンを組む事ができるかもしれません。

また、購入後の維持費や諸手続きの進め方などの問題もあるので、未成年者で自動車を購入することを検討している人は、まずは親や保護者、購入を検討しているカーディーラーなどに事情を相談するようにしてくださいね。

▲ ページの先頭へ