HOME >> マイカーローンQ&A >> 夫がブラックでも妻名義で審査してもらえる?

夫がブラックの場合の自動車ローン

旦那である自分がブラックになってしまっている場合、妻名義でのローンは組めますか?現在、230万円の借入があり、何度か返済事故をしているのでブラック扱いになっていると思います。近々、車購入をしたいと思っているのですが、私がブラックでも妻名義でローン審査は通るのでしょうか?
自分がブラックリストに掲載されたとしても、妻名義で自動車を購入することは必ずしも不可能というわけではなく、妻名義で共働きをしているなどの状況であれば金融機関で夫の信用情報まで確認するとは限りません。 年収の総額があれば、まとまった金額の借入は可能ですが、主婦やパートの場合、限度額が50万程度の場合もあります。

配偶者の名義でローンを組む

返済の遅延などで信用情報に事故履歴があるとブラックの状態になり、ローン関係の審査に通るは絶望的になってしまいます。ブラックでは車のローンはもちろん、住宅ローンやカードローン、クレジットカードの審査も確実に落ちてしまいます。

ただし、今回のケースのように配偶者である妻が審査に申し込んだ場合、旦那のブラックを理由に審査に否決されることはありません。あくまで本人の信用情報に基づき審査が行われます。

ただし、妻名義で自動車ローンを組むにも注意点がいくつかあります。

まずは保証人を求められた場合。旦那を保証人にしても審査に通る可能性が低くなります。保証人の信用情報も加味されるため、旦那以外の人に保証人をお願いしましょう。

次に妻の収入についてです。妻が専業主婦の場合は旦那の収入で審査されるため、実質旦那の審査になってしまいます。この場合も審査に落ちる可能性が高くなります。

妻がパートなどで一定の収入があれば問題はありませんが、妻の収入額で審査されるため、高額なローンを組むのは厳しくなるでしょう。

今回のパターンは旦那がブラックで妻名義で申し込むケースですが、逆に妻がブラックで旦那名義で申し込む場合も審査的には同じです。

保証人を求められたら?

まずは配偶者以外の方にお願いしてください。ブラックの配偶者を保証人に立てても審査に通ることはまずありえません。

他にお願いできる人はいない場合は頭金を増やし、借入れ金額を少なくしたり、返済期間を短くすることで保証人が不要になる場合もあります。

それも難しい場合は自動車ローンを組むのは難しくなります。自動車の購入を諦めたくないならカードローンを検討しましょう。カードローンは基本的に担保・保証人が不要です。申込者本人の信用情報で審査されます。

基本的にどのカードローンでもいいのですが、オススメはこの2つです。

まとめ

・配偶者がブラックでも関係ない
・保証人にはしないこと
・カードローンも要検討
・年収の1/3でカードローンを選ぶ

▲ ページの先頭へ