HOME >> マイカーローンQ&A >> 債務整理をした後でも自動車ローンは組める?

債務整理したけど車を買いたい

約1年前に債務整理をしました。一括で支払いをしたので完済している状態です。
債務整理の時、弁護士に半年ぐらいでローンが組めるようになるといわれたのですが、現在もローンが組めません。車を購入したいと思っているのですが、ディーラーローンでも難しいのでしょうか?
債務整理を行うと、事故情報として業者は信用情報機関に登録をされます。
その情報が保管されている期間が5年だといわれているので、5年はローンを組む事ができません。また、5年以降も債務整理を行なった金融業者では事故記録は、半永久的に保存されるので債務整理を行った金融業者ではローンは組めないと思っていた方がいいでしょう。

債務整理の前後にローンを組めない理由

借り入れ超過などによって債務の圧縮、返済対応を法的に行う債務整理をすると不利益な事故情報として、日本信用情報機構に債務整理の事実の記録が残るため、マイカーローンを組むことが難しくなってしまいます。

債務を全額返済した後も記録は最低5年間記録されるので、比較的審査が通過しやすい消費者金融系のローンを活用するなどの方法の選択を検討するようにしておくと良いでしょう。

マイカーローンを銀行などから借入れしようと思えば、
まず年収と勤続年数の他に、過去と現在の債務の状況を確認されることになります。

債務整理の期間中であればマイカーローンを組むことは難しいですし、債務整理後であったとしても、しっかりとした生活の再建を示す必要があります

ただし、銀行系のおまとめローンのような方法で債務整理をして、一定の返済をしていると認められ、十分に返済の見込みがあると判断されれば、限度額は50万円以下でローンを組める可能性があります。

また、比較的審査の基準が緩い消費者金融系の場合には、審査段階で多額の借り入れ・勤続年数年収に問題が無ければ借入れできる可能性はありますが、
同じことの繰返しにならないように十分注意してください。

信用金庫など直接金融機関に訪れる機会があれば、過去の状況などを正直に話しをし、十分に生活再建を果たしていることを説明して、給料振込や債務の返済状況が分かる資料を示すなどでローンがどの程度組めるか相談してみると良いでしょう。

債務整理から7年以上経過しているなら・・・

債務整理を行ったという記録は、最低でも5年は記録されており、7年〜10年で末梢されているといわれています。

実際に調べてみたところ、債務整理・任意整理から5年でクレジットカードを作った方、
7年以上経過してキャッシングのカードを作れた方がいます。

もちろん、債務整理・任意整理を行った系列では、債務整理・任意整理についてのデータは、永久に抹消されることがないといわれているので、利用することはできません。

ですが、それ以外の会社で個人信用情報機関の種類が異なり、債務整理をしてから7年以上が経過している方であれば、もしかするとローンを組む事は可能かもしれません。

生活のために、どうしても車購入をする必要がある方しっかりと返済をしていく事ができる方ならば、申込してみるのもありかもしれません。

※ 場合によっては保証人が必要な場合や、減額のために金利が高くなってしまうことも考えられますので、よく考えてから申込みを行ってくださいね。

借入れをする前に・・・
本当に借入をする必要があるのか?本当に車は必要なのか?をよく考えてから、借入を行ってください。

▲ ページの先頭へ