HOME >> マイカーローンQ&A >> 自己破産後に自動車ローンは組める?

自己破産後の自動車ローン

過去に自己破産をして7年過ぎました。
一般的に自己破産後7年経てばローンが組めるとよくあるので、自動車ローンの仮審査を申込んだのですが、審査に通りませんでした。
何年たったとしても、今後ローンを組む事はできないのでしょうか。
自己破産は、日本信用情報機構に過去の債務の状況、記録などが掲載されてしまうことになるので、自己破産後、再びローンを組む事は難しいといえます。
破産後に官報に掲載されることになり、その情報は最低でも過去7年間は金融機関の知るところになります。いわゆるブラックリストに掲載された状態であるため、金融機関からの信用を獲得するのは非常に難しい現状です。

どれくらい経てばローンが組める?!

自己破産をしたとしても、その金額が事業性の投資やあまりに大き過ぎる金額ではなく、
自己破産から10年以上〜が経過しており、生活再建を果たしたと証明出来る記録があれば、金融機関に一定の信用を築くことが出来るようになることはあります。

自己破産に関する個人情報は個人信用情報機関にもよりますが、少なくても5年〜10年ほど情報を保有していると言われています。ただ、期間のデータ管理の仕方がそれぞれの情報機関によって異なりますので、10年以上経てば情報が末梢されるとはいいきれません。

大きい金額のローンは、ほぼ難しい状態であるのは確かですが、少額のローン、連帯保証人を付けるなどの交渉によってローンを組む事ができる可能性もあるかもしれませんが、当然、可能性は限りなく低いということは念頭に置いておく必要があります。

ですが、一度自己破産をしているので、その信用も限りなく低いという意識は持つべきです。

▲ ページの先頭へ