HOME >> マイカーローンQ&A >> ブラックで自動車ローンは組める?

ブラックリストでも自動車ローンは組める?

過去にクレジットカードで少額ですが遅延事故をした過去があり、ブラックになっていると思います。ブラックでも自動車ローンは組めますか?
また、ブラックリストになってしまった場合、どうやって確認できるのか?その情報がどのくらい残っているのか教えてください。
いわゆる借金の返済等でトラブルを起こした人が記録されるブラックリストに乗った人が、マイカーローンを組むことは通常の方法では難しいといえます。 自己破産や債務整理をした場合、それからどの程度の期間が経過しているかが
マイカーローンを組めるかの一つの目安になり、官報に掲載されるような自己破産の場合、通常7年以上はローンを組むことが難しいとされています。

自動車ローンを組めない理由

ブラックリストは、過去に消費者金融や信販のキャッシングなどで借り入れをしすぎてしまい、個人再生、自己破産、債務整理のほか、焦げ付きなどの状況になってしまい、
日本情報信用機構や全国銀行個人情報センターに記録されてしまった人のことを指します。

通常、ブラックリストの記録は官報に記載されない内容で5年それ以外の場合は7年の記録となります。この機関は、新たな借り入れや融資について、どの情報機関も過去の事実を知っているため、借り入れを受けることが難しいといえます。

ただし、ディーラーが提供しているディーラーローンの場合、営業担当者は一台でも車を販売したいという事情から、現在は債務整理などに取り組んでいても、頭金や保証人を用意出来るという状況であれば、金融機関の担当者と相談してくれるため、状況によっては借り入れが可能になるケースがあります。

また、年収や勤続年数がブラックリスト掲載後から十分に経過して、
信用を回復していると判断されれば、十分にローンを組める可能性があります。

自動車ローンを組めるようになるのは?

まずはブラックリストの状態を解除しなくてはなりません。借り入れを完済後、5年から〜7年以上経過すると信用情報機関から事故情報が削除され、まっさらな状態になります。

裏ワザ的な手法は一切なく、借金を完済する以外に方法はないのです。

債務整理で金利の負担を減らす

債務整理は言葉の通り、現在の債務を整理して借金を完済することです。

自己破産・任意整理・個人再生の3つがあります。自己破産は誰しもが聞いたことがあるのではないのでしょうか。

方法にもよりますが、金利が減額される(またはなくなる)、返済を1本化できる、取り立ての連絡がなくなる、など返済に向けた様々なメリットがあります。

債務整理の手続きは自分で行うこともできます。しかし、手続きが難解で、金融会社や裁判所とのやり取りも発生します。

そのため、債務整理は弁護士を通じて行うことをオススメします。

債務整理は弁護士に任せるのが◎

専門家に任せることで様々なメリットがあります。一例を上げると

・催促がすぐに止まる
・金利がなくなる
・過払い金を取り戻せる可能性がある

借金を完済しても5年〜7年以上は自動車ローンを組むことはできません。確かにこれは非常に長い期間です。

しかし、ブラックリストになったままではいつまでもローンを組むことはできないのです。過去の過ちを認め、これからは地道に返済していきましょう。

債務整理の専門家であれば親身になって相談に乗ってくれます。

全国対応
樋口総合法律事務所

全国対応
弁護士法人F&S

大阪の人にオススメ
新大阪法務司法書士事務所

▲ ページの先頭へ