HOME >> 自動車ローンの使い道・使える範囲 >> 運転免許の取得費用

運転免許取得費用の平均

車の運転免許取得にかかる費用は、平均30万円前後と言われています。
ですが料金は通う教習所や自動車学校によって異なりますし、コースやシーズンによっても違ってきます

教習所・自動車学校 また、教習期間中に規定時間数を超えてしまった場合や技能検定に合格できずに、再検定となった場合には追加料金もかかってしまいます。
※ 教習所によっては、追加料金が発生しないプランもあります。

自動車免許を取得しようと思ったら、まず費用を確保しなければいけません。
何もなく取得ができれば30万円前後で取ることができますが、技能試験に落ちてしまう場合もありますから、それを考えると30万円ではちょっと不安になります。

念のため、費用は少し多めの40万円を用意しておきたいところです。

費用はどうやって支払う?

余裕をもって40万円を用意したいのは山々ですが、資金が足りない場合や、どうしても免許が必要だけど今は費用を出せない…。なんて時にローンを組む方は多いですよね。

ですが、自動車免許取得専用のローンは金利が14%ほどと高く設定されていることが多く、
総支払額を考えた時に、意外に金額が多くなってしまいます。

そんな時に使えるのが銀行のマイカーローンです。
銀行マイカーローンの資金用途は自動車購入費だけでなく、免許取得費用への利用も可能です。

銀行マイカーローンの金利は銀行によって異なりますが平均4%〜6%で、免許取得用のローンの約半分の金利になります。
それを考えると、免許取得の際に利用するなら金利の安いローンの方がいいですよね。

★ 各金融機関のマイカーローン詳細
三井住友銀行のマイカーローン 三菱東京UFJ銀行のマイカーローン
埼玉りそな銀行のマイカーローン 横浜銀行のマイカーローン
東京都民銀行のマイカーローン JAバンクのマイカーローン

ですが、銀行マイカーローンは低金利に設定されている事で、審査が厳しく設定されている傾向にあります。金額が少ないからといって、必ず審査に通るというわけではありません。

銀行マイカーローンの審査に落ちてしまったら…

銀行マイカーローン審査に通過すればそのまま利用すれば低金利でローンを組む事ができますが、万が一審査に通過せず落ちてしまった場合でも、諦めて金利14%〜のローンを組む必要はありません。

教習所・自動車学校

マイカーローンの審査に落ちてしまった時の対処法は、
銀行のフリーローンを利用することです。

銀行のフリーローン金利は近年下がっていることで利用しやすくなっており、資金用途も自由なので運転免許取得にも利用できますし、限度額以内なら何度でも借入できるので、免許取得後の車購入費として利用することも可能です。

1度、銀行マイカーローンの審査に落ちてしまった場合、ある程度の期間を開けないと審査に通過する可能性は低いですし、準備も整いあとは購入するだけの状態の際に審査に落ちてしまったら車の購入ができなくなってしまいます。

その点、銀行フリーローンなら限度額以内であれば何度でも借入ができますので、免許費用として借入した後でも、審査の必要なく自動車購入費として利用することができるのです。

★ 銀行・銀行系のカードローン詳細
オリックス銀行カードローン 住信SBIネット銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
プロミス アコム
▲ ページの先頭へ