HOME >> 自動車ローンの審査内容 >> ローンの利用履歴

ローンやクレジットの利用履歴もチェック

自動車ローンの審査に関わらず、ローンを組む際に必ずチェックされる項目の中には、
クレジットカードやローンなどの利用履歴が含まれます。

ローン申込みがあった人の今までのローン履歴を、個人信用情報機関に情報の照会を求めて、今までどのように支払われていたのか?遅延はあったのか?現在の段階で残債があるのか?ないのか?などを調べます。

過去のクレジットカード・ローン履歴に何も問題がなければ、そのまま審査を通過できますが、支払い遅延など事故を起こしている場合には審査に通るのは難しくなります。

クレジットカードやローンの遅延事故の記録は5年〜7年と長期間残ってしまいますので、利用する際には注意が必要です。記録は一定期間が過ぎると消去されますが、個人信用情報機関では消去されても、クレジット会社・ローン会社では履歴を永久保管しているところが多くあります。

クレジットカードの所有は不利?有利?

クレジットカードは種類が多く、学生から主婦、様々な方が所有して利用しており、ポイントなどのために複数枚を所有している方がいます。

たとえクレジットカードを利用していなかったとしても、必要以上の枚数を所持していることは自動車ローン審査には不利に働いてしまうことがあります。

理由は、クレジットカードにはキャッシング枠がありますよね。キャッシング枠が付いている事により、キャッシングを利用していなかったとしても、いつでもキャッシングができる状態にあるため多重債務者になる。と判断されてしまう場合があるからです。

たとえ、それぞれのクレジットカードのキャッシング枠が低い金額だったとしても、
所持しているカードの枚数分のキャッシング枠を合計すれば、それなりの金額になります。

なので必要以上のクレジットカード所持は、自動車ローンなどの大きな金額のローンを組みたい時には、事前に解約するなどの対策が必要です。

▲ ページの先頭へ