HOME >> 自動車ローンの審査内容 >> 年齢の審査

申込み者の年齢も審査に含まれる

自動車ローン審査では、申込み者の年齢も大きく関わってきます。

基本的に自動車ローンは、20歳以上の成人であることがの申込み条件としているところがほとんどで、原則20歳以下の未成年の方は自動車ローンに申し込む事ができません

20歳以下の未成年の場合、自動車ローンを組む事はできませんが、自動車ローンの申込み条件は各金融機関によって異なりますので、可能性はゼロではありません。

金融機関によって申込み条件が異なることで、20歳以下の未成年の場合でも未成年の契約を受け付けているローン会社も存在します。ですが、申込み条件として保護者を連帯保証人にすることで自動車ローンを組めるようになることがほとんどです。

保護者に連帯保証人をお願いできる状態であれば連帯保証人になってもらい、自動車ローンを組むべきだと思います。

申込み条件の年齢の上限

自動車ローン申込みについての年齢の上限は、基本的に完済時の年齢が65歳〜70歳以下に設定されていますが、条件にあっている年齢で自動車ローン申込みを行ったとしても、
審査に通る可能性は低い場合があります。

年齢的に、60歳〜65歳でローンを組組む場合には5年前後での返済になりますが、年齢的に定年を迎えている高齢者の方となると年金での生活や貯金での生活になる方も多く、支払い能力が低いと判断されてしまい審査に通らない可能性があります。

なので自動車ローンを考えているなら、できる限り早い段階で自動車ローン審査に申込みをし、審査をすることが最善です。申込み年齢ギリギリになって申込みを行うよりは、審査に通る可能性は高いはずです。

もちろん年齢収入など、ローンの審査基準を満たしていれば高齢者でも自動車ローンを組む事は可能ですが、実際に契約を行う場合には支払うことができなくなってしまった場合のことをよく考えてからローン申込みを行う方がより安心です。

▲ ページの先頭へ