HOME >> 自動車ローンの審査内容 >> 各金融機関のメリット・デメリット

各金融会社の自動車ローンデメリット

自動車ローン審査に申込みをして審査に通らなかった場合、
次はどの自動車ローンに申込をしよう?と考えますよね。

もし、もう一度審査申込みしようと考えているなら、後々のことを考えて、
最もデメリットの少ないローンに申込をすることがおすすめです。

デメリットに気づかず、あせって自動車ローンを決めてしまうと、
後で後悔することになり兼ねないので、自動車ローンのデメリットを確認して
申込みをしましょう。

下に各金融機関のデメリットを公開しています。

デメリットを知って、失敗しない

■ 銀行マイカーローン

他金融機関と比べて、審査に時間がかかる(約1週間前後)
自分でしなければいけない手続きなどが多い
収入証明書・見積書・契約書など、提出する書類が多い
低金利なため、審査基準が厳しく設定されている
銀行によって、車両本体のみのローンになってしまう

■ 販売店・信販系自動車ローン

ローン完済までの所有者の名義は販売店、若しくは信販会社になる
他金融機関と比較すると、金利が高い事が多い
販売店によって金利・条件が大きく違うので、販売店選びが重要
ローン返済完了後に、名義変更の手続きが必要
信販会社と提携していないと非販売店提携型プランで金利が上がる

■ ろうきん自動車ローン

組合員以外の場合は、他と金利が変わらない
低金利でローンを組むためには、保証料が必要
審査に時間がかかり、審査基準も若干厳しい
指定のろうきん以外のローンは利用できない
ろうきんの店舗に出向く必要があり、手間がかかる

銀行フリーローンのメリット

■ 銀行フリーローン

自動車ローン審査に通らなくても、車が購入できる
3.5%〜と場合によっては、自動車ローンより低金利になる可能性も
最短即日で審査してくれるから、急いでいる時に非常に便利
フリーローンを利用しても、車の名義は購入した本人の名義
資金用途自由で車以外にも利用可能だから使い道が幅が広い
限度額以内であれば、何度でも何にでも利用可能!
自動車ローンの審査基準とは違うので、審査に通る可能性がある

銀行フリーローンを利用することで、自動車ローン審査に通らなかったとしても車の購入は可能ですし、車の名義は購入した本人のままなので、後で面倒な手続きが必要ありません。

また、利用しようと考えていた自動車ローンの金利よりも、銀行フリーローンの金利の方が安く済む場合もありますので、知ってるのと知らないのでは大きな差が出てきます。

審査期間も他の自動車ローンと比べると、対応が早く、自動車を注文しているのに審査に通らなくて困っている方、何社も申込をしてどこの審査にも通らない方、車購入と一緒に別の目的にも利用したい方には、一番利用しやすいローンです。

一押しの銀行フリーローンはこちら

▲ ページの先頭へ