HOME >> 自動車ローンの審査内容 >> 勤続年数・勤務先の審査

勤続年数・勤務先についての審査

自動車ローンの審査項目には、年収の他に申込み者の勤続年数や勤務先などの情報も審査の対象となります。

勤務先の審査は、年収の安定性や倒産などのリスクが審査の対象となり、大手企業の場合には倒産の可能性の低さや安定性が評価され、審査に通りやすくなる傾向があるといわれています。

反対に、個人事業主や中小企業・中小企業より規模の小さい零細企業などの場合には、
大手企業よりも倒産やリストラのリスクが高いと判断されてしまうので、審査が厳しくなることが考えられます。

勤続年数の審査については少なくても【2年以上の勤務】が必須となっている場合が多く、基本的には長ければ長いほど審査では有利になります。

勤務先・勤続年数を審査する理由

まず、勤務先も審査に関わってくる理由は、先ほども述べたように融資をする金融会社側は、倒産のリスクを回避することで、返済の遅れや回収できなくなってしまう可能性を低くする必要があるからです。

勤続年数については、勤続年数が長いということで、経済状況が安定していると判断され、同じ会社に長い間勤務しているほど、審査に通る可能性が高くなります。

逆に、入社したばかりの方や転職したての方、何度も転職している方の場合には、収入が安定していない。と判断されてしまい、審査で不利になり審査に通らない可能性が高くなります。

勤続年数の審査は金融会社によって違ってきますが、平均すると3年以上が目安になっていることが多く、少なくても2年以上が基準となっています。

ですが、勤続年数が短い場合でも年収が多い場合は、保証人を付けることで審査に通る可能性はあがります

▲ ページの先頭へ