HOME >> 自動車ローンの審査内容 >> 他金融機関での借入れ

その他金融機関での借入れ状況

自動車ローンに申し込んだ際に行われる審査では、その他金融機関での借入れ状況は必ずチェックされる項目で、審査基準は厳しく設定されています。

金融機関で組んでいるローンなどの利用履歴は、個人信用情報機関に履歴が保存されているので、自動車ローンを申込んだ際には現在の借入状況をすべてチェックされます。

そのチェックにより、申込者の現在の借入れ状況・返済状況・返済能力の有無を判断し審査をします。

申込み者が複数の金融機関から借入をして、大きな金額の債務を抱えている場合にはローンは通りにくくなります

もちろんその債務の中には、クレジットカードの利用・クレジットカードに付いているキャッシング枠で利用している借入れも含まれます。なので、借入れについては自動車ローン申込み前に債務をなるべく減らす、若しくは完済しておく方がいいでしょう。

過去の借入れについて

個人信用情報機関では現在の借入れだけでなく、過去の借入れ状況も一定期間保存していて、過去の情報は5年〜7ほど保管されます。

過去に多額の借入をして、支払い遅延の事故や債務整理などがあった場合、個人信用情報機関に問い合わせをすることで過去から現在の状況までを確認することができます。

過去・現在の借入れ状況を把握するために、自動車ローン審査時には必ずチェックされます。

過去に何の問題もない方は特に気にする必要はありませんが、返済の遅延事故などがある場合には審査に通る可能性が低くくなるので、ある程度まとまった金額の頭金を用意するか、保証人を立てて借入れを行うかなどを考えてみることも必要です。

過去の遅延事故で、もしブラック扱いになってしまっている場合には自動車ローンに関わらず、他のローン審査にも通らなくなってしまいます

また、1社の自動車ローン審査に落ちてしまったからと言って、短い期間の間に複数社に審査申込みを行うと、申込みブラックの扱いとなり審査でかなり不利になってしまうので注意してください。

▲ ページの先頭へ